注意することがある

歯科人物

歯が痛かったり、しみてつらいなどの症状がある場合にはできるだけ早めに歯医者に行き、診てもらうことはとても大切です。歯は一度悪くなるとなかなか元の状態に戻すことは難しいですので、少しでも早く治療を受けることが大切になります。例えば、歯周病が長く続き、だんだんと歯がぐらつくようになると、元の状態に戻すのは難しく、ぐらつく状態で歯医者に行くと抜歯になるといわれることも多いのです。上野でも、歯医者には早めに行くことはとても重要だと考えられており、最近では歯が悪くなる前に予防的に歯医者に行くことが推奨されるようになっています。治療をするのではなく、予防をするために歯を診てもらうという新しい考え方がとても注目されています。

色々な治療が受けられる

治療器具

上野でも歯医者は患者さんの症状などに応じて、いろいろな診療を行っており、虫歯や歯周病などのような一般的な歯科治療をはじめ、矯正歯科や小児歯科、インプラント歯科などがあります。一般的な歯科治療では、虫歯の治療や歯周病の治療など、歯を使っていると起こるような歯の疾患を治療するための診療が行われています。また、子供を対象とした小児歯科や歯の矯正を目的とする治療やインプラントなどの保険の適用外の治療なども行われています。さらに、ホワイトニングなど、歯の審美性を高めるための治療もあります。それぞれの治療内容には特徴があり、その特徴をよく知った上で適切な科に行くようにすることが、自身の希望する内容の治療を受けやすくなるポイントです。